ウォーターサーバーの選び方(その1)

ウォーターサーバーのキャンペーン

ウォーターサーバーを製造、販売している会社は結構あります。 それぞれのメーカーで、それぞれの特色をつけたウォーターサーバーが作られています。 口コミ情報などを調べていくと、その特色も理解しやすいでしょう。 では、ウォーターサーバーをレンタルないし購入するに当たって、どのようなところを重視すべきなのでしょうか。

ウォーターサーバーを選ぶポイントとしてまず挙げられるのは、ミネラルウォーターの配達エリア内かどうかです。 ウォーターサーバーをレンタルする場合は、ミネラルウォーターの同メーカーからの定期購入が必須条件となります。 よって、配達エリア内でなければ、実質レンタルはできません。 自分の家が配達エリアないかどうかを確実にチェックしておきましょう。 口コミ情報ばかりチェックするよりは、メーカーのホームページも閲覧した方がより確実です。

次に重視すべき点は、その配達されるミネラルウォーターです。 ミネラルウォーターと一言で言っても、一種類ではありません。 天然水のみをパッケージしたナチュラルミネラルウォーターと、原水を殺菌・加熱してその後にミネラル分を加えるデザインウォーター(加工水)とがあります。 前者は混じり気なしなので、自然のままの成分が入っています。 後者は、科学的な観点から、ミネラルの補給に適した配合によってミネラル分が加えられています。 当然どちらも身体に悪い筈がなく、どちらを選んでも問題はないでしょうから、選択は好みでという事になります。 口コミ情報も加味し、良いと思うほうを選択しましょう。

ウォーターサーバーは、どのメーカーの物を選ぶかで結構変わってきます。 口コミ情報などで確認する事も重要ですが、自分のこだわるところはどこかという事をしっかり自覚し、その点について注意深く見極める事が大切になってきます。

もし、ミネラルウォーターにこだわる場合は、複数のミネラルウォーターを選択できるメーカーを選ぶのが望ましいでしょう。 ウォーターサーバーをレンタルする場合、ミネラルウォーターの購入が必須となりますが、中には一種類のミネラルウォーターだけでなく、 複数ある中から一種を選択させるという手法を取っているメーカーもあります。 口コミ情報を確認しつつ、そういったメーカーを探してみましょう。

そのミネラルウォーターを全て移し終わった後のウォーターボトルをどうするかも、メーカーによって異なります。 多くのメーカーは、ウォーターボトルを回収してくれます。 基本的には、次の月に配達に来た時に回収、というのが一般的でしょう。 ただ、中には回収せず各家庭での廃棄を促すところもあります。 この場合も、必ずしも前者が良いとは限りません。 結構長い間家にウォーターボトルを置いたままにしておくと、スペースが勿体無いという人もいるでしょう。 そういう人であれば、早めに棄てたくなるのが人情。 その場合は後者の方が良い、という事になります。

ウォーターサーバーを選ぶ上で、水はとても重要です。 自分の身体の中に入るのは、水ですから。 しっかり口コミなどでどの水が良いかを調べておくと良いでしょう。

ウォーターサーバーを選ぶ上で、どうしても無視する事ができないのは、やはり諸々の出費です。 レンタル料金であったり、ミネラルウォーターの料金であったりと、ウォーターサーバーを家庭に入れる為には、それなりの出費が必要となりますが、 その出費はできるだけ抑えたいというのが、一般家庭の共通の願いではないでしょうか。

まず、当然ながら考えるべきはレンタル料金です。 このレンタル料は、無料にしていると事も少なくありません。 当然安いほど良いのですから、レンタル無料のメーカーを選びたくなるところですよね。 しかし、それは早計です。

ウォーターサーバーのレンタルは、必ずミネラルウォーターの購入とセットです。 ですから、ミネラルウォーターの料金とレンタル料金は、必ず連動します。 レンタル料が無料の場合でも、ミネラルウォーターが高かったら何の意味もないのです。 その辺りは、口コミ情報などをしっかり確認して調べておきましょう。 特に最近は「レンタル無料!」という広告を多く見かけます。 しかし、実際にはミネラルウォーターの料金を見ないことには、お得かどうかはわかりませんから。

料金について、他に口コミ情報で確認しておきたいのは、最低契約期間と無料お試し期間についてです。 まず最低契約期間ですが、これはレンタル契約を交わしたら、最低何ヶ月(何年)は利用してください、それ未満での解約だと違約金が発生しますよ、というものです。 後者は最初の何ヶ月間かは無料ですよ、というものです。 いずれも口コミ情報などを利用し、調べておきましょう。

契約する前に読むべし【メニュー】

ページの先頭へ